ウォーターサーバーのボトル開封後の気になる賞味期限と保管方法

シェアをお願いします!m(_ _)m

ウォーターサーバーのボトル開封後の気になる賞味期限と保管方法

水にも賞味期限があるというのを、みなさんは知っていますか?意外と知らない人も多いですが、実は水にも賞味期限があるのです。お近くのスーパーやコンビニ、売られている水を見てもらうとお分かりになりますが、販売されている水にはしっかりと賞味期限が記載されています。
これは水の品質が時間とともに劣化していくため、賞味期限の記載が法律で定められているためです。

賞味期限の設定はメーカーによって様々

賞味期限とは、正しく保管をしていればおいしい状態を保てるという期間。この期間設定は、メーカーによっては6ヶ月であったり、1年であったりと様々です。購入した水をおいしく飲むには、賞味期限をしっかり確認し、適切な方法で保管するのが大切といえます。

水の種類によって賞味期限が変わってくる

水にも賞味期限があるのは、ご理解いただけたと思いますが、賞味期限は「RO水」「天然水」といった水の種類によって異なります。

下記では、「RO水」「天然水」のそれぞれの賞味期限に違いについて見ていきましょう。

RO水の賞味期限はボトル未開封であれば、6ヶ月~1年が目安

RO水はRO膜という高性能フィルターを使い、細菌やウイルスといった不純物を99%以上取り除いているため、雑菌繁殖のリスクが低くなる。そのような理由から、賞味期限が長めに設定されており、6ヶ月~1年程度が目安とされています。

ボトル開封後の場合は1ヶ月程度

RO水は高性能フィルターを使い、限りなく細菌などを取り除いているとはいえ、ボトルを開封すると、やはり外気がボトル内に入る可能性が出てきます。メーカーによって賞味期限が多少異なってきますが、一般的にRO水のボトル開封後は1ヶ月程度が目安とされています。

天然水の賞味期限はボトル未開封であれば、3ヶ月~6ヶ月が目安

天然水はRO水と違い、過分なろ過がおこなわれていないため、純水に近いものではありません。ですから、たとえボトル未開封の状態であったとしても賞味期限はRO水よりも短めに設定されています。

ボトル開封後の場合は2週間程度

天然水の場合、水道水のように塩素を使用して滅菌をしたり、RO膜でろ過もしていないので、ボトル開封で外気に触れると、雑菌が繁殖しやすくなります。

天然水のボトル開封後の賞味期限は、目安として2週間程度であると覚えておきましょう。

未開封ボトルの適切な保管方法とは

前述では「RO水」「天然水」それぞれの賞味期限について見てきましたが、ボトルの保管方法によっては水が劣化するスピードが変わるので注意が必要。少しでも長く、おいしい状態の水を保つためにも、適切な保管方法を知っておきましょう。

「冷暗所」で保管するのが方法として適切

未開封ボトルも保存食品と同じで、風通しの良い「冷暗所」で保管をするのが、方法として適切です。冷暖房器具、高温、日光が当たる場所での保管は、ボトル内の水を早く劣化させてしまうので絶対に避けましょう。

まとめ

ボトル開封後の賞味期限と、ウォーターサーバーのボトルを保管する適切な方法について紹介しました。水も食品と同じように、メーカーによって賞味期限が設定され、その期限は水の種類によって異なってくるということでした。「天然水」よりも「RO水」の方が、高性能フィルターを使って細菌などの不純物を取り除いている分、賞味期限が長めに設定されていますが、メーカーによって賞味期限はバラバラです。
おいしく安全に水を飲むために、メーカーが推奨する賞味期限をしっかりと確認し、ボトルを保管する際は、「冷暗所」で!これがポイントとなります。

トップへ戻る